ここから本文です

海外マーケットトピック-米アマゾン、時価総額が7680億ドルに達し米2位に アルファベットを抜く

3月21日(水)8時19分配信 トレーダーズ・ウェブ

<市場動向>
・米国株式市場-反発 フェイスブック続落もアマゾン、ボーイングが上昇
・欧州株式市場-反発、原油高や米株の反発で
・米債券市場-続落 FOMC結果公表を控えて2年債利回り上昇
・NY原油先物-反発 サウジ・イラン対立が懸念、3週ぶり高値
・NY金先物-反落、ドル高やFOMC控えて
・NY為替-ドル高、ドル円は106円半ばでこう着
・CRB指数-反発 原油、暖房油が上昇 砂糖、銅が下落


・英2月消費者物価指数(前年比)+2.7%〔予想 +2.8%〕(前回発表値 +3.0%)
・英2月小売物価指数(前年比)+3.6%〔予想 +3.7%〕(前回発表値 +4.0%)
・英2月生産者物価指数(前年比)+2.6%〔予想 +2.7%〕(前回発表値 +2.8%)
・独3月ZEW景気期待指数 +5.1〔予想 +13.0〕(前回発表値 +17.8)
・独3月ZEW現況指数 +90.7〔予想 +90.0〕 (前回発表値 +92.3)
・ユーロ圏3月ZEW景気期待指数 +13.4〔予想 -〕(前回発表値 +29.3)
・ユーロ圏3月消費者信頼感・速報値 +0.10〔予想 ±0.00〕(前回発表値 +0.10)


<市場ニュース>
・CME225先物は大阪取引所比で上昇、21290で引け
・欧州債-下落 FOMC結果公表を控えて欧州債も小動き
・恐怖指数VIXは18.20、前日比低下
・ライアン米下院議長
「モラー特別検察官の解任、検討されていない」
・G20声明
「貿易についてさらなる対話と行動が必要」
「通貨切り下げや競争や、競争目的での為替目標設定を回避へ」
「柔軟な為替レートは、経済的なショック吸収にも有用」
「仮想資産は世界的な基準で注視継続を」
「急速な金融引き締めは世界経済にとってリスク」
※貿易に関する直接的な言及なし
・ムニューシン米財務長官
「自由で互恵的な貿易を臨む」
「自由で公平な貿易を守るための準備が必要」
「これは保護主義ではなく、自由で公平な貿易である」
「アルミ・鉄鋼の米関税は、G20議論のごく一部」
「仮想通貨はテロリストの資金調達や方法行為に使われることのないよう望む」
・ビスコ伊中銀総裁
「公平で自由な貿易との文言を維持した」
・黒田日銀総裁
「どこの中銀も、経済が順調に成長して物価目標を達成したら正常化を進めるのは当然」
「金融政策の正常化が直接的に世界経済へネガティブに作用するとは思わず」
・ルメール仏経済・財務相
「EUは金属に関する米関税がすべて除外されることを期待」
・メイレレス・ブラジル財務相
「ムニューシン米財務相は、米国が貿易戦争を始めることはないと述べていた」
・ショルツ独財務相
「多くの人が貿易戦争の不安だとしているとみる」


<一般ニュース>
・中国A株市場で医薬品セクターが高い、李首相が医療保険への財政補助金引き上げに言及
・中国人民元の20日の中間レートは1米ドル=6.3246元、前日比で0.117%元高
・「遠すぎない将来」に米ロ首脳会談の意向-トランプ米大統領
・米アマゾン・ドット・コム、時価総額が7680億ドルに達し米2位に アルファベット抜く

最終更新:3月21日(水)8時19分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

只今トレーダーズ・ウェブでは、特設ページで株式アナリストによる「AI株式投資」の対談を掲載しています。果たしてAIは株式投資に役立つのか?株式投資の論客が「AI株式投資」を徹底解剖いたします。

【あわせて読みたい】

ヘッドライン