ここから本文です

NY株式:NYダウは72ドル高、堅調な経済指標を好感

3月17日(土)12時14分配信 フィスコ

16日の米国株式相場は上昇。ダウ平均は72.85ドル高の24946.51、ナスダックは0.25ポイント高の7481.99で取引を終了した。2月の住宅着工件数が概ね良好となったほか、鉱工業生産指数やミシガン大学消費者マインド指数が予想を上振れ、買いが先行。マクマスター大統領補佐官の解任の意向が報じられ、急速な重要閣僚の刷新で政権運営への先行き不透明感が強まったほか、オプションや先物の決済日が重なるクアドルプル・ウィッチングで出来高が膨らみ、上値の重い展開となった。セクター別では、公益事業やエネルギーが上昇する一方で食品・飲料・タバコやメディアが下落した。

グラフィックソフトのアドビ・システムズ(ADBE)は、決算内容が予想を上振れ上昇。小売最大手のウォルマート(WMT)は、インド電子商取引のフリップカート・オンライン・サービシズの最大株主となることで合意間近であることが報じられ堅調推移。医薬品のジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)は、糖尿病検査装置事業をプライベート・エクイティ(PE)に21億ドルで売却合意し買われた。一方で、宝飾品のティファニー(TIF)は、通期見通し及び既存店売上高が予想を下振れ下落。半導体のブロードコム(AVGO)は、決算内容が嫌気され軟調推移。

米共和党が昨年12月に成立させた減税法案の恒久化に着手したと報じられているが、ペンシルバニア州の補選で民主党に敗北したことにより11月の中間選挙を控えた選挙対策と考えられる。

Horiko Capital Management LLC

《TM》
株式会社フィスコ

最終更新:3月17日(土)12時14分

フィスコ

 

Yahoo!ファイナンス 特集

注目のニュースキーワード

ヘッドライン