ここから本文です

アジア株は下落、米政権運営への懸念高まる

3月14日(水)14時15分配信 KlugFXニュース

アジア株
東京時間14:01現在
香港ハンセン指数   31234.25(-367.20 -1.16%)
中国上海総合指数  3290.72(-19.52 -0.59%)
台湾加権指数     11038.85(-56.78 -0.51%)
韓国総合株価指数  2484.79(-9.70 -0.39%)
豪ASX200指数    5937.10(-37.61 -0.63%)
インドSENSEX30種  33718.25(-138.53 -0.41%)

 アジア株は総じて下落、ティラーソン米国務長官の辞任報道を受けて米政権運営への懸念が高まっているもよう。前日の米株式市場は総じて下落、ナスダック指数は1%安となった。

 香港市場ではハイテク関連が大幅下落。iPhoneに音響部品を提供している瑞声科技は3.7%安で下落率トップ。

 上海株は0.59%安、銀行や保険など金融株が総じて下落している。招商証券は1.4%安、中国人寿保険は1.3%安、中国工商銀行は1.2%安。
中国2月の小売売上高は前年比で9.7%で市場予想とほぼ一致した。鉱工業生産は7.2%と市場予想の6.2%を上回った。

最終更新:3月14日(水)14時15分

KlugFXニュース

 

ヘッドライン