ここから本文です

戸建を購入! すぐに賃料を得たい場合、どうしたらいい?

3月14日(水)11時00分配信 不動産投資の楽待

(写真© beeboys-Fotolia)
拡大写真
(写真© beeboys-Fotolia)
空き家の物件を購入して賃貸に貸し出す場合、かなり時間がかかります。私も最近、物件を2戸購入しましたがいずれも空き家です。私の場合、客付けは3カ月以内にできるのですが、リフォーム期間を加味すると賃料が発生するまで4~5カ月かかってしまいます。

戸建でもすぐに賃料が発生する方法が2つあるので、紹介したいと思います。

1.オーナーチェンジで賃貸付きの物件を購入する方法
2.リースバックで売主に住み続けてもらう方法

2の「リースバック」は競売や任売のように売主さんがやむ無く売却するが、本当は今の家にこのまま住み続けたいといったときにリースバックする機会が生じます。

私も任売で物件購入した経験が何度かあり、このようなリースバックを検討した事もありました。その際、仲介に入っていた任売業者さんから話を聞いたのですが、任売業者の知り合いの大家さんが、競売物件を落札してリースバックで現入居者さんに貸し出すことによって、物件数を増やしている人がいるそうです。

この話を聞いたとき「住宅ローンを払えなくなって競売にまで至った人がちゃんと家賃を払ってくれるのかな?」ということでした。しかし、意外としっかり滞納なく賃料を払ってくれるそうです。

そして家賃保証会社の審査も通るケースがあるそうなんですよね。リースバックで貸し出すことが可能ならば、購入後、すぐに賃料が発生します。そして、リフォーム費用も掛かりません。

戸建のリフォームは、かなりお金がかかるので、そのまま貸し出せるのはリースバックの大きなメリットです。そして、賃貸の仲介手数料や広告費がかからないなどのメリットもあります。

今後、戸建を任売や競売で購入する際は、リースバックを検討してみるのも良いかもしれません。

※上記は、楽待新聞の実践大家コラムニスト、戸建投資の専門家サーファー薬剤師さんが執筆したコラムです。文章、写真、画像、イラストおよびデータ等上記記事は、執筆者の責任において作成されています。
戸建投資の専門家サーファー薬剤師

最終更新:3月14日(水)11時00分

不動産投資の楽待

 

情報提供元(外部サイト)

不動産投資の楽待

不動産投資の楽待

株式会社ファーストロジック

最新記事を毎日更新

実際に不動産投資を行っている投資家の
「失敗談」や「成功談」をはじめ、
不動産投資をするなら必ず抑えておきたい
ノウハウを記事にして毎日配信!

ヘッドライン