ここから本文です

日電子が続急伸で14年ぶり高値圏、「たんぱく質構造解析の受託サービスを開始」

3月13日(火)9時48分配信 株探ニュース

日電子 <日足> 「株探」多機能チャートより
拡大写真
日電子 <日足> 「株探」多機能チャートより
現在値
芝浦メカ 375 +1
アルバック 4,355 +25
堀場製 7,770 -160
日マイク 988 -7
日電子 1,130 ---
 日本電子 <6951> が続急伸し、昨年来高値を更新。株価は2003年11月以来、約14年4ヵ月ぶりの高値圏に浮上している。化学工業日報が13日付で「理科学・計測機器の保守・メンテナンスに加え、1台数億円クラスのハイエンド機器による受託分析サービスを本格的に開始する」と報じたことが買い材料視された。

 報道によると「名古屋大学発のベンチャー企業と共同でクライオ電子顕微鏡を用いたたんぱく質の受託分析事業を立ち上げた。また、インターネットを介した高磁場NMR(核磁気共鳴)装置の時間貸しサービスを始めた」という。ソリューション事業の業容拡大による業績への寄与に期待する買いが向かった。

株探ニュース(minkabu PRESS)

日電子とよく比較される銘柄:堀場製 <6856> 、アルバック <6728> 、日立ハイテク <8036> 、日本マイクロ <6871> 、芝浦 <6590>

最終更新:3月13日(火)9時48分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン