ここから本文です

過大評価されるユーロと過小評価される円、是正する道はユーロ/円の大逆転のみ!

2月18日(日)0時06分配信 ザイFX!

■米ドル安継続、長期金利との相関性は完全に崩壊

米ドル/円 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
米ドル/円 日足 (出所:Bloomberg)
ユーロ/米ドル 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
ユーロ/米ドル 日足 (出所:Bloomberg)
ドルインデックス 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
ドルインデックス 日足 (出所:Bloomberg)
米長期金利(米10年物国債利回り) 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
米長期金利(米10年物国債利回り) 日足 (出所:Bloomberg)
 米ドル安が続いている。米ドル/円は昨年(2017年)安値を割り込み、ユーロ/米ドルは1月高値に接近(※1)している。ドルインデックスでみると、1月安値をいつ割り込んでもおかしくない状況(※2)だ。

(※編集部注1:本記事寄稿後の編集中に、ユーロ/米ドルは1月高値を超えた)
(※編集部注2:本記事寄稿後の編集中に、ドルインデックスは1月安値を割り込んだ)

 その一方で、米長期金利(米10年物国債利回り)は2.9%水準前後の高値圏で推移し、米ドルとの相関性が完全に崩れている模様だ。

 米長期金利の上昇が米国株の急落をもたらした、という解釈が一般的に受け入れられている。理屈として間違いではないが、昨日(2月15日)は米国株の続伸もあり、目先、米国株の回復ぶりも鮮明になっている中、米ドルの「一人負け」っぷりはひときわ目立つ。米ドル安はこれからも続くのだろうか。

■ユーロ高進行なくして米ドル安の進行なしだが、果たして?

ユーロ/米ドル 月足 (出所:FXブロードネット)
拡大写真
ユーロ/米ドル 月足 (出所:FXブロードネット)
シカゴIMM通貨先物ポジションの推移(ユーロ/米ドル) 
拡大写真
シカゴIMM通貨先物ポジションの推移(ユーロ/米ドル) 
 米ドルの高安と言えば、米ドル/円をまず頭に浮かべる方が多いと思うが、為替市場ではまずユーロ/米ドルを見なければいけない。ユーロは米ドルの対極なので、ユーロ高の進行なくして米ドル安の進行なしと言っても過言ではなかろう。ユーロ/米ドルのチャートを今一度検証する必要がある。

 ユーロ/米ドルの月足で見る限り、これからユーロ高、すなわち米ドル安の進行があれば、メインレジスタンスゾーンを明白に突破しなければいけない、という構図が浮かび上がる。

 黄色のレジスタンスラインは、2008年高値から2011年、2014年高値を連結したラインで、緑のサポートラインは2010年安値から2012年安値を連結したラインである。

 この2つの線が重なっているところで、目先ユーロの頭が押さえられる可能性を軽視すべきではなかろう。

 何しろ、マーケットのコンセンサスは、足元ほぼ米ドル売り一辺倒になっている。IMM(シカゴマーカンタイル取引所・通貨先物市場)におけるポジションの推移でみる限り、投機筋のユーロ買いは依然過去最大レベルを保っており、大した変化が見られない。

■猫も杓子も米ドル安を予想しているがゆえの問題点は?

 さらに、最近報じられた、あるニュースも気になる。ブルームバーグの報道によると、今週(2月12日~)、米マイアミで開催された「トレードテックFX」で、発言した運用担当者やストラテジストのほぼ全員が、「米ドルは売り」といった見方を披露していたという。

 「米ドル強気派は、口をつけられなかったマルガリータと同じぐらい珍しい」と言われるほど、皆が同じ方向、すなわち米ドル安の方向に賭けているようだ。

 となると、1つわかりやすいことが推測される。猫も杓子も米ドルに弱気なので、皆が米ドルの売りポジション(ユーロの買いポジション)を持ち、さらなる米ドル安を待って、利益を確定したいところだ。問題はただ1つ、猫も杓子も米ドル売りなので、誰かがさらに米ドルを売って(ユーロを買って)くれないと、米ドルを買い戻して利益を取れないのに、さらに米ドルを売りたいという者は極端に少なくなっていると思われることだ。

■思うようにユーロ高が進まなければ、逆転もあり得る

 為替市場は典型的なゼロサムゲームである。損する者がいなければ、いくら賢くて未来を見通せる者でも儲からない。

 皆がユーロ買い・米ドル売りに賭けているから、ユーロは上のチャートで示したメインレジスタンスゾーンを大きく突破し、さらなる上昇トレンドを強めていかないと、ユーロロング筋の「共倒れ」が逆に起こりやすいのではないかと思う。

 なぜなら、猫も杓子もユーロ買い・米ドル売りを仕掛けているから、思うようにユーロ高が進まなければ、堪忍袋の緒が切れる者が出てくるだろう。彼らの手仕舞いがどんどん広がっていけば、今回は潮流の逆転をもたらすだろう。すなわち、ユーロ売りがさらなるユーロ売りを呼び、ユーロの買い持ちが多すぎるため、さらなる投げ売りを誘う、といった逆循環が起こりかねない。

 「人の行く裏に道あり花の山」、「野の山も皆一面に弱気なら、阿呆になって買うべし」という日本の相場格言がある。断定的な結論は出せないが、足元は為替市場の状況から考えて、格言の教えどおりに実行すれば報われるタイミングにあるのではないかと思う。もちろん、目先の短期トレードの話ではなく、あくまでマクロ的な視点での考え方、ということを強調しておきたい。

■円売りポジションの整理は、思った以上になかなか進まない

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移(円/米ドル)
拡大写真
シカゴIMM通貨先物ポジションの推移(円/米ドル)
 では、米ドル/円はどうなるだろうか。同じ視点で見るなら、逆の見方ができるかもしれない。IMMのデータを見る限り、円売りポジションは減少しているものの、なお高い水準(11万枚売り超)をキープしている。

 また、日本のある大手FX会社の統計では、米ドル買い・円売りのポジションが統計開始(2012年3月)以来、最大の積み上げを記録しているから、米ドル安の一服があっても、対円ではなかなか浮上できないだろうと推測される。

 この意味では、106円の節目を打診している足元の米ドル/円(※3)、短期スパンでは、すでに「売られすぎ」のサインが点灯しているにもかかわらず、さらなる下値トライもあり得る上、仮にリバウンドしても、戻りが鈍い可能性が大きいだろう。

(※編集部注3:本記事寄稿後の編集中に米ドル/円は106円を割り込んだ)

 円売りポジションの整理は、思った以上になかなか進まないから、米国株と米長期金利がどうであれ、これからしばらくは米ドル/円の頭が重い構造が維持されるとみる。

■ユーロ/円は目先切り返しても126円まで下落の可能性あり!

ユーロ/円 日足 (出所:Bloomberg)
拡大写真
ユーロ/円 日足 (出所:Bloomberg)
 足元の為替相場は、雑な言い方をすれば、猫も杓子もユーロ買いと円売りを仕掛けている。だから、ユーロ/円の動向が気になるし、それはある程度推測しやすいだろう。

 前述のロジックが正しければ、ユーロの買い越しは報われず、円の売り越しも整理されていく運命にあるから、残る道は1つしかなく、すなわちユーロ/円の大逆転だ。

 今日(2月16日)は旧正月の新年の始まりである。新年(2018年)の基調はユーロ/円を見ればわかるので、ユーロの大逆転はユーロ/円から始まり、ユーロ/米ドルに波及していく公算が高いと思う。

 実際、ユーロ/円はすでに逆転のサインを点灯しているから、ユーロ/円と英ポンド/円の上値ターゲットを正式に放棄し、逆にユーロ/円について、126~128円の下値ターゲットを提示しておきたい。

 ただし、目先はユーロ/円はややオーバーシュートで、むしろ、いったん切り返しやすい状況にあるとみる。

 ごく短期スパンの話なら、確かに円売りポジションの積み上げで米ドル/円の下値余地を警戒しなければならないが、サイクル論の視点では目先一服しやすいタイミングにある。そして、確かにユーロ買いポジションが過大でユーロ/米ドルの上値余地は限られるとみるが、たちまち崩れることもないから、ユーロ/円は目先切り返しを果たすだろう。

 しかし、前述のロジックが正しければ、中期スパンでは、ユーロ/円の切り返しがあれば、絶好の戻り売りのチャンスを提供してくれるだろう。

 何しろ、同じ「外貨」なのに、また同じゼロ金利なのに、ユーロの買い越しの過大と円の売り越しの過大は、ユーロの過大評価、そして、円の過小評価のアンバランスを意味するから、この修正がすでに始まった以上、2018年年内の基調として定着してくれると思う。市況はいかに。

(12:30執筆)
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

最終更新:2月18日(日)0時06分

ザイFX!

 

情報提供元(外部サイト)

ザイFX!

世界経済と米ドル/円相場の見通しは? スプレッド最狭のFX会社はどこ? …FX情報サイト「ザイFX!」がFXと為替の疑問をズバリ解決! ビットコイン・仮想通貨情報も!

【あわせて読みたい】

Yahoo!ファイナンス 映像特集

注目のニュースキーワード

ヘッドライン