ここから本文です

NY概況-4日続伸 ダウ、S&Pが年初来でプラス圏に浮上

2月15日(木)7時16分配信 トレーダーズ・ウェブ

 米株は4日続伸。強い米1月消費者物価指数の結果を受けて米10年債利回りが上昇したことで、主要3指数は下落してスタートしたが、その後、金融やIT、一般消費財、エネルギー株などが買われ、相場を押し上げた。ダウ平均は朝方に150ドル安まで下落したが、253.04ドル高(+1.03%)で終了。S&P500とナスダック総合もそれぞれ1.34%、1.86%高となり、3指数そろっての4日続伸となった。ダウ平均とS&P500は年初来でプラス圏を回復。週明け12日のナスダック総合に続き、3指数がそろってプラス圏に浮上した。



※各種データは取得時の値です。

DOW
24893.49 +253.04 (+1.03%)
NASDAQ
7143.62 +130.11 (+1.86%)
S&P500
2698.63 +35.69 (+1.34%)
SOX
1307.05 +28.54 (+2.23%)
CME225(ドル建て)
21525 +290
CME225(円建て)
21495 +315
WTI
60.73 +1.54 (+2.6%)
ドル円
106.99 -0.83
ユーロ円
133.18 +0.02
米10年債利回り(%)
2.9131 +0.073
米2年債利回り(%)
2.1718 +0.066
羽土

最終更新:2月15日(木)7時16分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン