ここから本文です

日経平均は250円程度高、買い先行後も堅調な展開が続く=15日寄り付き

2月15日(木)9時27分配信 モーニングスター

現在値
国際帝石 1,319 -7
石油資源開 2,585 -18
浜ゴム 2,685 +11
ブリヂスト 4,789 -22
三菱UFJ 769.1 -15.5
 15日午前9時21分すぎの日経平均株価は、前日比250円程度高の2万1400円前後で推移している。朝方から、前日の米国株高を支えに買いが先行し、午前9時14分には同298円57銭高の2万1452円74銭を付けた。現地14日の米国株式市場は、押し目買いに加え、NY原油先物WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)価格が反発したことなどから、NYダウ、ナスダック総合指数がともに4日続伸。14日のシカゴ市場日経平均先物の円建て清算値が、14日の大阪取引所終値比315円高の2万1495円で、同清算値にサヤ寄せする動きとなった。ただ、対ドルで円高に振れていることもあり、積極的に上値を追う動きが限られているようだ。

 業種別では、三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> などの銀行株や、浜ゴム <5101> 、ブリヂス <5108> などのゴム製品株が上昇。第一生命HD <8750> 、東京海上 <8766> などの保険株や、大和証G <8601> 、野村 <8604> などの証券株も高い。国際帝石 <1605> 、石油資源 <1662> などの鉱業株や、出光興産 <5019> 、JXTG <5020> などの石油石炭製品株も堅調。住友鉱 <5713> 、住友電工 <5802> などの非鉄金属株や、オリックス <8591> 、JPX <8697> などのその他金融株も上げている。

 個別では、ショーケース <3909> 、関電化 <4047> 、日機装 <6376> 、ツカダGH <2418> 、セイノーHD <9076> などが上昇。半面、エボラブルA <6191> 、日工営 <1954> 、芦森工 <3526> 、ソースネクス <4344> 、アシックス <7936> などは下落している。

 東京外国為替市場は午前9時21分時点で、1ドル=106円台の半ば(14日終値は1ドル=107円40-41銭)、1ユーロ=132円台の後半(同132円88-92銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:2月15日(木)9時27分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン