ここから本文です

日経平均は反発スタート、シカゴ清算値にサヤ寄せする動きが先行=15日寄り付き

2月15日(木)9時06分配信 モーニングスター

 15日の日経平均株価は、米国株高を支えに前日比229円93銭高の2万1384円10銭と反発してスタート。現地14日の米国株式市場は、押し目買いに加え、NY原油先物WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)価格が反発したことなどから、NYダウ、ナスダック総合指数がともに4日続伸。14日のシカゴ市場日経平均先物の円建て清算値が、14日の大阪取引所終値比315円高の2万1495円だったことから、同清算値にサヤ寄せする動きが先行した。

 東京外国為替市場は午前9時2分時点で、1ドル=106円台の半ば(14日終値は1ドル=107円40-41銭)、1ユーロ=132円台の後半(同132円88-92銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:2月15日(木)9時06分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン