ここから本文です

ミクシィが急落し新安値、第3四半期決算は純利益35.3%減―チケキャン終了で特損計上

2月15日(木)10時04分配信 モーニングスター

現在値
ミクシィ 4,275 +85
 ミクシィ <2121> が急落、一時455円安の4135円まで売られ1月4日の昨年来安値4285円を更新している。同社が14日に発表した18年3月期第3四半期の連結決算は売上高1354億3600万円(前年同期比5.3%減)、純利益251億2600万円(同35.3%減)だった。

 販管費は決算手数料がエンターテインメント事業12月度の未消化オーブの影響により一時的に比率が上昇。広告宣伝費も「モンスターストライク」4周年および年末年始キャンペーンにより増加した。また、チケットフリマサービス「チケットキャンプ」のサービス終了決定に伴う特別損失の計上で一時的に純利益が減少している。

 通期予想は売上高2000億円(前期比3.5%減)、純利益402億円(同32.9%減)は変更していない。

提供:モーニングスター社

最終更新:2月15日(木)10時04分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン