ここから本文です

関電化が急騰、通期業績予想の上方修正を好感

2月15日(木)11時09分配信 モーニングスター

現在値
関電化 1,230 -26
 関東電化工業 <4047> が急騰。14日引け後の18年3月期第3四半期累計(17年4-12月)決算発表で通期業績予想を上方修正したことが好感され、株価は一時前日比140円高の1195円まで値を上げている。

 第3四半期累計は、連結売上高372億9600万円(前年同期比12.5%増)、営業利益65億8100万円(同2.7%増)。「基礎化学品事業」は9200万円の営業赤字(前年同期は1億4700万円の黒字)に陥ったが、半導体・液晶用特殊ガス類、および電池材料の六フッ化リン酸リチウムの伸びなどにより、主力の「精密化学品事業」が営業利益を62億500万円(前年同期比10.1%増)に伸ばして全体をけん引した。これを踏まえ会社側は、通期の予想売上高を従来の507億円から514億円(前期比11.6%増)に、営業利益を75億円から86億円(同8.2%減)に、それぞれ引き上げている。

 11時7分現在の株価は121円高の1176円。

提供:モーニングスター社

最終更新:2月15日(木)11時09分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン