ここから本文です

【今日のドル円】リスクオンのドル売り

2月15日(木)9時36分配信 サーチナ

昨日のドル/円は一時106.70円台まで続落して1年3カ月ぶりの安値を付けた。米1月消費者物価指数の上ブレを受けて米長期金利が上昇。米国株は長期金利の上昇を嫌気して(イメージ写真提供:123RF)
拡大写真
昨日のドル/円は一時106.70円台まで続落して1年3カ月ぶりの安値を付けた。米1月消費者物価指数の上ブレを受けて米長期金利が上昇。米国株は長期金利の上昇を嫌気して(イメージ写真提供:123RF)
 昨日のドル/円は一時106.70円台まで続落して1年3カ月ぶりの安値を付けた。米1月消費者物価指数の上ブレを受けて米長期金利が上昇。米国株は長期金利の上昇を嫌気して下落スタートとなったがすぐに切り返した。市場の不安心理を示すVIX指数は20を割り込んで低下するなど、NY市場終盤は市場環境が好転する中でドルが全面的に下落した。「リスクオンのドル売り」には違和感も強いが、それだけ下向きトレンドが強いという事でもあろう。
 本日のドル/円は日本株の反発や本邦当局の円高牽制なども想定される中で値を戻す場面もあろう。ただ、昨日割り込むまでレンジの下限として意識されていた107.30円前後や、昨日高値107.90円前後などのチャートポイント付近では戻り売り圧力が高まりそうだ。
本日の予想レンジ:106.300-107.900円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:2月15日(木)9時36分

サーチナ

 

ヘッドライン