ここから本文です

米CPI受けたドル高に巻き戻し、ユーロドルは1.23ドル後半へ

2月15日(木)0時22分配信 トレーダーズ・ウェブ

 米消費者物価指数を受けたドル高に巻き戻しが入り、ユーロドルは1.2276ドルを安値に1.2370ドル近辺まで反発し、ポンドドルは1.39ドル台を回復した。また、豪ドル/ドルは0.78ドル半ば、NZドル/ドルは0.73ドル前半まで持ち直した。
 一方、ドル円は107円前半で上値の重い動きが継続。米株がプラス圏に浮上し、円買いは後退するも、主要通貨に対しドル高の巻き戻しが優勢で、ドル円は引き続き軟調地合いを維持。

最終更新:2月15日(木)0時22分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン