ここから本文です

米1月コアCPI、前月比0.3%上昇に伸び加速―早期利上げ観測強まる

2月15日(木)9時55分配信 モーニングスター

提供:モーニングスター社
拡大写真
提供:モーニングスター社
現在値
野村 NASDAQ-100ETF 7,350 -80
野村 NYダウ30種ETF 26,210 -390
P500米株 3,105 -30
P500 ETF 29,240 -300
国際 VIX中期先物ETF 13,600 +210
<チェックポイント>
●CPIコア指数はアパレルや運輸サービスの上昇で伸び加速
 
●CPI全体指数の上昇はガソリン価格の上昇が主因
 
●コアインフレ率の加速でFRBの早期利上げ観測強まる
 
 
 
 
 米労働省が14日発表した1月CPI(消費者物価指数)は、FRB(米連邦準備制度理事会)が重視しているコアCPI(価格変動が激しいエネルギーと食品を除いたもの)が前月比0.3%上昇と、1年ぶりの高い伸びとなり、前月(17年12月)の0.2%上昇(改定前0.3%上昇)から伸びが加速した。市場予想の0.2%上昇も上回った。
 
 今回のCPI統計をみると、コアインフレ率は前回統計発表時よりも伸びが加速しており、今後FRB内でタカ派(金融引き締め派)の主張が一段と強まるのは必至。市場では、FRBの利上げ時期が想定より早まることや、18年の3回の利上げ見通しから4回という見方も強まってきた。
 
 コアCPIが前月比で加速したのは、17年暮れの年末商戦での大幅値引き販売が終わったアパレルが1.7%上昇(12月は0.3%低下)と、90年以来28年ぶりの高い伸びとなった他、メディカルケアが0.4%上昇(0.3%上昇)、レンタカーや自動車保険などの運輸サービスが1月からの料金改定(値上げ)で1.8%上昇(0.2%上昇)と、伸びが加速したためだ。運輸サービスのうち、特に自動車保険が1.3%上昇(0.6%上昇)と、01年11月以来16年2カ月ぶりの高い伸びとなった。
 
 対照的に、携帯電話サービス会社間の料金値下げ競争が激しい携帯電話料金は0.2%低下(横ばい)と鈍化している。
 
 また、CPI全体指数(季節調整後)は、ガソリン価格の上昇で12月の前月比0.2%上昇から0.5%上昇と、4カ月ぶりの高い伸びとなった。
 
 ガソリン価格は前月比5.7%上昇(12月は0.8%低下、11月は6.0%上昇、10月は3.2%低下、9月は10.0%上昇)と、再び加速に転じた。この結果、エネルギー全体の価格も12月の0.2%低下から3.0%上昇と加速した。
 
 一方、CPI全体指数の前年比は2.1%上昇と、12月の2.1%上昇から変わらなかった。依然として17年2月の2.7%上昇からは減速したままだ。全体指数のうち、エネルギー全体が前年比5.5%上昇(12月は6.9%上昇)、このうちガソリンが8.5%上昇(10.7%上昇)、重油は同22.5%上昇となった。1月の前年比2.1%上昇は16年1月の1.4%上昇を上回るが、17年1月の2.5%上昇や同2月の2.7%上昇、同11月の2.2%上昇を下回り、依然緩やかなインフレ上昇を示している。
 
<関連銘柄>
NASD投信 <1545> 、NYダウ投信 <1546> 、上場米国 <1547> 、SPD500 <1557> 、国際VX中先 <1561> 、iS米超大型 <1587> 、iS米小型 <1588> 、iS米高配当 <1589> 、iS米リート <1590> 、NYダウ <1679> 、NYダウブル <2040> 、NYダウベア <2041>
 
(イメージ写真提供:123RF)
 
モーニングスター

最終更新:2月15日(木)10時30分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン