ここから本文です

日経平均は反発スタート、東エレクやファナックが上昇

2月14日(水)9時58分配信 フィスコ

現在値
東海カボン 1,969 -14
ファナック 27,060 -515
スクリンH 9,450 -180
東エレク 20,450 -185
日経平均 : 21251.24 (+6.56)
TOPIX : 1719.16 (+2.38)


 日経平均は反発して始まった。13日の米国は続伸となったが、トランプ政権が発表したインフラ投資計画による財政圧迫を懸念する見方などから、上値の重い展開だった。シカゴ日経225先物清算値は大阪比35円高の21205円、円相場は1ドル107円台と円高傾向に。ただ昨日のNYダウ先物の下落を背景とした米株安を警戒した流れの反動もあり、21250円を回復して始まった日経平均は、その後もじりじりと上げ幅を広げている。 セクターでは証券、石油石炭、繊維、空運、鉱業、不動産、その他製品、化学、陸運、ガラス土石がしっかり。一方で、パルプ紙、電力ガス、情報通信、非鉄金属、輸送用機器が小安い。東証1部の騰落銘柄は、値上がり数が1200を超えており、全体の6割を占めている。指数インパクトの大きいところでは、東エレク<8035>、ファナック<6954>、東海カーボン<5301>、スクリーンHD<7735>が堅調。《SK》
株式会社フィスコ

最終更新:2月14日(水)10時01分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン