ここから本文です

日経平均は21円安、買い一巡後に下げ転換

2月14日(水)10時06分配信 モーニングスター

現在値
リニカル 1,341 +41
マツオカC 3,495 +145
阿波製紙 618 +3
オークネト 1,323 -53
メック 1,656 +9
 14日午前10時2分時点の日経平均株価は前日比21円13銭安の2万1219円55銭。朝方は、13日の米国株式が3日続伸した流れを受け、買いが先行した。きのう続落(合計646円安)した反動もあり、上げ幅を広げて一時2万1371円01銭(前日比126円33銭高)まで上昇する場面があった。一巡後は、1ドル=107円台の円高・ドル安への警戒もあり、売りに傾き下げに転じている。

 東証1部の騰落銘柄数は値上がり699、値下がり1268。東証業種別株価指数では全33業種中、14業種が上昇している。値上がり率上位業種は、証券商品先物、鉱業、空運など。値下がり率上位業種は、海運、輸送用機器、非鉄金属など。

午前10時ごろの値上がり率上位銘柄(東証1部)
・鈴木 <6785>
・タムロン <7740>
・日製鋼 <5631>
・東海カーボン <5301>
・阿波製紙 <3896>

午前10時ごろの値下がり率上位銘柄(東証1部)
・リニカル <2183>
・オークネット <3964>
・マツオカ <3611>
・メック <4971>
・ルックHD <8029>

提供:モーニングスター社

最終更新:2月14日(水)10時06分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン