ここから本文です

野村マイクロが急騰、連結業績予想の上方修正と期末一括配当予想の増額を材料視

2月14日(水)10時43分配信 モーニングスター

現在値
野村MS 1,172 -7
 野村マイクロ・サイエンス <6254> が急騰し、一時200円高の1222円を付けている。13日引け後、18年3月期連結業績予想の上方修正と期末一括配当予想の増額を発表、材料視された。

 通期業績予想で、売上高を180億円から214億2800万円(前期比30.2%増)に、営業利益は6億9000万円から10億4200万円(同35.4%増)に引き上げた。受注した超純水製造装置の工事進ちょくや、メンテナンス・消耗品の受注が堅調に推移していることなどを織り込んだ。

 18年3月期第3四半期(17年4-12月)決算は、売上高が131億500万円(前年同期比32.0%増)、営業利益は6億2600万円(同5.0倍)だった。

 期末一括配当予想は、通期業績予想を上方修正したことから、従来の15円から18円(前期実績15円)に増額するとした。

 午前10時41分時点の株価は、前日比138円高の1160円。

提供:モーニングスター社

最終更新:2月14日(水)10時43分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン