ここから本文です

【ディーラー発】欧州通貨売りやや優勢(欧州午後)

2月14日(水)21時03分配信 セントラル短資FX

目新しい判断材料に乏しいなか、欧州通貨売りがやや優勢に。ユーロは対ドルで1.2341付近まで続落し本日安値を更新し、対円で132円51銭付近まで値を下げた。また、ポンドも対ドルで1.3841付近まで下値を拡大、対円で本日安値圏の148円67銭付近まで反落している。一方、ドル円は米消費者物価指数の発表を前に積極的な売買が控えられ107円40銭前後で小動きとなっている。21時02分現在、ドル円107.363-373、ユーロ円132.523-543、ユーロドル1.23435-443で推移している。

最終更新:2月14日(水)21時03分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン