ここから本文です

【ディーラー発】ドル円クロス円、戻り売り優勢(東京午前)

2月14日(水)11時24分配信 セントラル短資FX

序盤、日経平均が前日比100円超高まで反発する局面で、ドル円は107円90銭付近まで上値を拡大。しかしその後、株価が一転してマイナス圏へ沈むと再び107円42銭付近まで失速。また、ユーロ円が133円34銭付近から132円82銭付近まで反落し、ポンド円が149円30銭付近まで売られるなど、クロス円も全般戻り売りが優勢。そうした中、NZドルはRBNZによるインフレ見通しの上方修正を受け対ドルで0.7308付近まで、対円では78円62銭付近まで急上昇する場面が見られた。11時23分現在、ドル円107.490-500、ユーロ円132.910-930、ユーロドル1.23652-660で推移している。

最終更新:2月14日(水)11時24分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン