ここから本文です

【決算速報】御園座、4-12月期(3Q累計)経常が赤字転落で着地・10-12月期は51%減益

2月14日(水)16時20分配信 株探ニュース

現在値
松竹 15,330 +100
東宝 3,495 -45
御園座 779 +14
セコム 7,889 -73
ビケン 817 +11
 御園座 <9664> [名証2] が2月14日大引け後(16:20)に決算を発表。18年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常損益(非連結)は3800万円の赤字(前年同期は2300万円の黒字)に転落した。

 会社側が発表した第3四半期累計の実績と据え置いた通期計画に基づいて、当社が試算した1-3月期(4Q)の経常損益は1億8900万円の赤字(前年同期は200万円の赤字)に赤字幅が拡大する計算になる。

 直近3ヵ月の実績である10-12月期(3Q)の経常利益は前年同一期間比50.6%減の4100万円に大きく落ち込み、売上営業利益率は前年同一期間の19.2%→13.4%に大幅低下した。

株探ニュース(minkabu PRESS)

御園座とよく比較される銘柄:ビケンテクノ <9791> 、松竹 <9601> 、東宝 <9602> 、セコム <9735>

 ※この記事は企業が公開した数値データを基に作成しています。投資に際しては下記の【決算短信.pdf】をご確認いただきますようお願いします。

最終更新:2月14日(水)16時20分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン