ここから本文です

東証マザーズ(大引け)=マザーズ指数は3日続落、インタスペス、G-FACがS安

2月14日(水)15時03分配信 株探ニュース

マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
拡大写真
マザーズ指数 <日足> 「株探」多機能チャートより
現在値
インタスペ 1,751 +9
ケアネット 1,099 -10
フルスピド 838 +2
イオレ 3,215 +90
フルッタF 636 ---
 14日大引けの東証マザーズ指数は前日比22.92ポイント安の1137.71ポイントと3日続落。値上がり銘柄数は34、値下がり銘柄数は202となった。

 個別ではインタースペース<2122>、G-FACTORY<3474>、ビリングシステム<3623>、ホットリンク<3680>がストップ安。ケアネット<2150>は一時ストップ安と急落した。フルスピード<2159>、イオレ<2334>、フルッタフルッタ<2586>、富士山マガジンサービス<3138>、イントランス<3237>など30銘柄は昨年来安値を更新。日本スキー場開発<6040>、ジーニー<6562>、sMedio<3913>、FFRI<3692>、JMC<5704>は値下がり率上位に売られた。

 一方、プラッツ<7813>が昨年来高値を更新。イグニス<3689>、オイシックスドット大地<3182>、アトラエ<6194>、アルファポリス<9467>、テモナ<3985>は値上がり率上位に買われた。

株探ニュース(minkabu PRESS)

最終更新:2月14日(水)15時30分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン