ここから本文です

〔東京株式〕小反発=米株高が下支え(14日前場寄り付き)

2月14日(水)9時18分配信 時事通信

 【第1部】米株高が下支えとなり、買い戻しが先行して始まった。日経平均株価、東証株価指数(TOPIX)ともに小反発している。
 三菱UFJ、三井住友が締まり、野村、東京海上も底堅い。任天堂が強含みで、東エレク、信越化は値を上げ、ファナック、キーエンス、キヤノンが堅調。JTが上伸し、資生堂やKDDI、NTTドコモは小じっかり。コマツが買い優勢。半面、ソフトバンクGが安く、NTTは売り物がち。ソニーが値を下げ、トヨタ、日産自は弱含みで、ヤマハ発が大幅安。電通が下押している。(了)

最終更新:2月14日(水)11時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン