ここから本文です

チノーが急伸、収益性拡大などの取り組みが奏功、18年3月期業績予想を上方修正

2月13日(火)10時43分配信 モーニングスター

現在値
チノー 1,658 -18
 チノー <6850> が急伸し、一時258円高の1747円を付けている。前週末9日引け後、18年3月期の連結業績予想を上方修正し、好感された。

 通期業績予想で、売上高を195億円から200億円(前期比7.7%増)に、営業利益を7億8000万円から10億5000万円(同85.4%増)に引き上げた。売上高は、足元の受注状況を踏まえ前回予想から増加する見込み。利益面では、事業環境改善に加えて収益性拡大などに向けた取り組みが奏功する。

 18年3月期第3四半期(17年4-12月)の決算は、売上高が137億800万円(前年同期比8.4%増)、営業利益が5億3900万円(同9.1倍)だった。

 午前10時40分時点の株価は、前週末比166円高の1655円。

提供:モーニングスター社

最終更新:2月13日(火)10時43分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン