ここから本文です

東レが3日続伸、野村証は業績予想を上方修正

2月13日(火)16時22分配信 モーニングスター

現在値
東レ 1,095 -14.5
 東レ <3402> が3日続伸。野村証券では9日付で、投資判断を「ニュートラル」(中立)から「Buy」(買い)に、目標株価を1100円から1190円に引き上げている。

 9日に第3四半期(17年10-12月)連結業績を発表、これを受けて同証券では業績予想を上方修正し、あわせて投資判断、目標株価を引き上げるとしている。

 株価は炭素繊維など同社の高い製品競争力が株式市場で評価され始めた14年3月期以降、RN Large Cap(除く金融)の平均に対して、1.0-1.4倍程度のプレミアムで評価されてきた経緯があるとする一方で、「炭素繊維の伸び悩みなどで、同社株は過去1年でTOPIXを8%程度アンダーパフォームし、19年3月期予想基準の現状のPERは14倍と、RN Large Cap(除く金融)平均の15倍より低位である」と指摘。16年3月期以来となる主力3事業が揃って営業増益が期待できることを考えると、現状の株価には割安感があると判断したとしている。

 19年3月期下期にB787の生産拡大による炭素繊維の増益転換が見込まれ、株式市場がその点を織り込むタイミングが近づいてきたと考えるとコメントしている。

 13日終値は前週末比39円高の1062円。

提供:モーニングスター社

最終更新:2月13日(火)16時22分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン