ここから本文です

週間為替展望(ドル/ユーロ)-米1月インフレ率と米国債償還に注目

2月10日(土)11時01分配信 トレーダーズ・ウェブ

◆ドル円は伸び悩むか、15日の米国債償還・利払いの円転が上値を抑えることも
◆米10年債利回りの上昇基調を受けて、1月の消費者物価指数にも要注目
◆ユーロは米欧通貨戦争への警戒から伸び悩むか
(国際金融情報部・山下政比呂)

予想レンジ
ドル円105.00-110.00円
ユーロドル1.1900-1.2400ドル

2月12日週の展望
 ドル円は伸び悩む展開か。15日の米国債償還・利払いで資金が日本に還流(レパトリエーション)し、上値が重くなる展開を予想する。米国の対日貿易赤字が増大していることで、トランプ政権による対日貿易不均衡是正の圧力が強まるとの見方も上値を抑える要因となる。トランプ政権は11月の米議会中間選挙に向けて、貿易不均衡是正の強化、緊急輸入制限(セーフガード)発動、ドル安誘導などを実施することが警戒される。2018年度暫定予算のつなぎ予算は3月23日まで先送りされたものの、3月には債務上限引き上げ問題が再浮上してくることで、3月20-21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)での利上げ観測などと絡んで、予断を許さない金融・財政状況が続く。
ドル円は、日銀短観12月調査での大企業・製造業の2017年度想定為替レート110.18円(下期の想定為替レートは109.66円)を下回っている限り、15日の米国債償還・利払いでの資金の本国還流なども重なり、3月期末決算に向けて上値が重い展開が予想される。
 足元の市場の混乱は、2日に発表された米1月の平均時給の大幅上昇(前年比+2.9%)をきっかけとする恐怖指数(VIX)のショートカバーが原因とされているが、天候要因だったことで、1月の消費者物価指数、生産者物価指数が注目される。
 ユーロドルは伸び悩む展開を予想する。ムニューシン米財務長官のドル安歓迎発言を受けたユーロの上昇に対して、ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁は「不確実性の源」とけん制して不快感を示した。さらに、ノボトニー・オーストリア中銀総裁が「米財務省は意図的にドルに圧力をかけており、ドル安を維持することを望んでいる」とけん制しており、欧米の通貨戦争への警戒感が高まっている。メルケル独首相が率いるキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と社会民主党(SPD)の大連立協議が合意したものの、「敗者の連立」と揶揄されていることでSPD内部の支持を得られるか否かも要注目。3月のイタリア総選挙やスペインのカタルーニャ州独立を巡る混迷もユーロの上値を抑える要因となる。ユーロ円は、欧州の政局混迷懸念、日銀のテーパリング(国債買い入れ規模の縮小)観測やECBのフォワードガイダンス見直し先送り観測で上値は限定的か。

2月5日週の回顧
 ドル円は、5日のNY株式市場が過去最大の下落幅を記録し、日経平均株価も大幅安となったことで、110.29円から108.46円まで下落した。しかし、米10年債利回りが2.85%台まで上昇し、ムニューシン米財務長官が長期的には強いドルが望ましいと発言、黒田日銀総裁がテーパリング観測を打ち消したことで下げ渋る展開となった。ユーロドルは、ノボトニー・オーストリア中銀総裁が米財務省のドル安誘導をけん制したことで、1.2475ドルから1.2212ドルまで下落したものの、ドイツの大連立協議が合意したことで下げ渋る展開となった。ユーロ円は、世界的な株安を受けたリスク回避の円買いや、ユーロドルの下落に連れ安となり、137.29円から132.94円まで下落した。(了)

最終更新:2月10日(土)11時01分

トレーダーズ・ウェブ

 

情報提供元(外部サイト)

トレーダーズ・プレミアム

トレーダーズ・プレミアム

DZHフィナンシャルリサーチ

株式情報会員専用サービス
入会受付中

月額10,000円(税別)

外資系動向やIPO情報でおなじみの 『トレーダーズ・ウェブ』 には、旬の銘柄がわかる「話題の銘柄」や、反転シグナルが出た銘柄をスクリーニングした「初動銘柄」など、注目情報が盛りだくさん!

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン