ここから本文です

任天堂が続急伸、18年3月期の業績予想上ブレに期末配当増額も

2月1日(木)9時38分配信 モーニングスター

現在値
任天堂 48,360 +1,180
 任天堂 <7974> が続急伸し、一時1830円高の4万9800円を付けている。午前9時33分時点で1130円高の4万9100円となっている。1月31日引け後に18年3月期連結業績予想の上方修正と期末配当の増額を発表し、好感されている。

 18年3月期業績予想は、売上高が9600億円から1兆200億円(前期比2倍強)、営業利益が1200億円から1600億円(同5.4倍強)に引き上げられた。家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」が好調で、販売予想を見直したほか、為替レートの前提を1ユーロ=125円から130円に変更した。なお、1ドル=105円想定は据え置いた。期末配当は250円から390円に増額し、年間配当では500円(前期は430円)を予定している。

 同時に発表された第3四半期(17年4-12月)決算は、売上高が8570億1200万円(前年同期比2.7倍強)、営業利益が1564億6200万円(同5.9倍強)だった。

提供:モーニングスター社

最終更新:2月1日(木)9時38分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン