ここから本文です

オンライン決済のストライプ、ビットコイン決済事業から撤退【フィスコ・ビットコインニュース】

1月24日(水)7時36分配信 フィスコ

オンライン決済サービスを展開しているStripe(「ストライプ社」は23日、本年4月23日をもってビットコイン決済事業から撤退する方針を発表した。ストライプ社は2015年にビットコインでの決済を開始したばかり。60以上の諸国の消費者がストライプのネットワーク上で商品をビットコインで支払うことを可能にした。しかしながら、取引に時間がかかること、不具合の割合が高いこと、手数料の高さから、ストライプの商品の価値が薄れたため、事業撤退に踏み切ったと、会社側が明らかにした。《KY》
株式会社フィスコ

最終更新:1月24日(水)7時36分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン