ここから本文です

〔米株式〕NYダウ、もみ合い(23日午前)

1月24日(水)1時16分配信 時事通信

 【ニューヨーク時事】23日午前のニューヨーク株式相場は、おおむね堅調な米企業業績に支えられる一方、利益確定の売りなどに圧迫され、もみ合っている。優良株で構成するダウ工業株30種平均は寄り付き直後に2日連続で取引時間中の史上最高値を更新。午前10時20分現在は前日終値比5.98ドル安の2万6208.62ドルとなっている。また、ハイテク株中心のナスダック総合指数は3営業日連続で取引時間中の最高値を更新し、同時刻現在は34.53ポイント高の7442.56となっている。
 この日は主要な米経済指標の発表がなく新規の手掛かり材料にも乏しいため、やや動意に乏しい展開となっている。
 個別銘柄を見ると、トラベラーズとネットフリックスが2017年10~12月期決算が市場予想を大幅に上回ったことを受けて上伸しており、株価全体を支えている。一方、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)やジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が朝方発表した2017年10~12月期決算は、特殊要因を除いた調整済みの1株当たり利益がともに市場予想を上回ったものの、いずれの株もこれまで買われ過ぎていた反動から利益確定の売りが先行している。また、ベライゾンも同期決算は純利益が前年同期比で約4.2倍に膨らんだものの、前日に好決算などを織り込んで急伸していたため、この日は利食い売りに下押しされている。さらに、米長期金利の上昇が一服したことを背景にこの日は金融関連銘柄に売り圧力がかかっており、株価の上値を抑えている。
 このほかの個別銘柄では、アドビ・システムズが18年通期の利益見通しを上方修正したことが好感され、堅調に推移している。アップルも買いが先行しており、上伸している。音声アシスタント「Siri(シリ)」搭載のスマートスピーカー「ホームポッド」の発売を開始すると発表した。一方で、ツイッターがノト最高執行責任者(COO)辞任の報を受けて3%安。(了)

最終更新:1月24日(水)2時27分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン