ここから本文です

イオンモールが昨年来高値、三菱UFJモルガン証は「オーバーウエート」継続、目標は2870円に引き上げ

1月23日(火)16時48分配信 モーニングスター

現在値
イオンモル 2,214 +35
 イオンモール <8905> が3日続伸、53円高の2423円まで買われ、連日の昨年来高値更新。三菱UFJモルガン・スタンレー証券では22日付で、レーティング「オーバーウエート」を継続、目標株価は2560円から2870円に引き上げている。

 国内モール既存店の回復と海外がけん引する利益成長が同社のエクイティストーリーであり、同証券の不動産セクターカバレッジ中、同社は19年2月期以降の営業利益成長率が高く、相対的に選好されると考えるとコメントしている。同証券の業績見通しに変更はなく、18年2月期連結営業利益予想を500億円(前期比11.3%増、従来505億円、会社側計画は500億円)と小幅下方修正しているものの、19年2月期以降は据え置くとしている。

 今後の注目点は、4月発表予定の本決算における、18年2月期第4四半期(17年12月-18年2月)の海外の営業利益黒字化、国内の専門店売上高の伸びの水準、18年2月期をボトムとするOPAの回復確認などを挙げている。

 23日終値は前日比36円高の2406円。

提供:モーニングスター社

最終更新:1月23日(火)16時48分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン