ここから本文です

注目銘柄ダイジェスト(前場):デュアルタップ、北の達人、フージャースなど

1月22日(月)11時55分配信 フィスコ

現在値
北の達人 590 ---
フージャH 743 +34
デュアルT 723 -107
トリケミ研 4,450 +55
日本ペイH 4,140 +70
デュアルタップ<3469>:3275円 -
ストップ高買い気配。1株につき3株の割合で株式分割を実施すると発表している。基準日は2月8日。投資単位当たりの金額を引き下げることにより、投資家がより投資しやすい環境を整え、株式の流動性向上と投資家層の更なる拡大を図る。同社株価は昨年12月13日に上場来高値となる2937円まで上昇する場面があった。


北の達人<2930>:2910円 -
ストップ高買い気配。2月14日を基準日として1株につき3株の割合で株式分割を実施すると発表し、買い材料視される展開となっている。同社は株式の流動性向上及び投資家層の拡大を図ることが目的としている。今第3四半期の好決算がポジティブ視され、先週1週間で約75%の株価上昇となっていたが、追加の好材料表面化で更なる上値追いの展開に。ファンドなどのショートカバー圧力も強まっているとみられる。


ハイアス<6192>:1736円(+300円)
ストップ高。1株につき3株の割合で株式分割を実施すると発表している。基準日は2月28日。投資単位当たりの金額を引き下げることにより、より一層投資しやすい環境を整え、株式の流動性向上と投資家層の拡大を図る。なお、事業提携先のアンビエントHD及びハウス・イン・ハウスよりR+house事業、アーキテクチャル・デザイナーズ・マーケット事業及びハウス・イン・ハウス事業を譲受けることも同時に発表している。


トリケミカル<4369>:4990円(+600円)
大幅続伸。1月26日付でジャスダック(スタンダード)から東証1部へ市場変更すると発表している。同社は07年8月にジャスダック(旧大証ヘラクレス)へ上場した。パッシブファンド等の資金流入に期待した買いが向かい、株価は朝方に一時4970円まで上昇して上場来高値を更新した。


日ペHD<4612>:4105円(+310円)
大幅続伸。筆頭株主であるシンガポール塗料大手ウットラムグループが同社に送り込む取締役を増員し、取締役会の過半を握る株主提案を出したと伝わっている。同社は反発する公算で、3月の株主総会に向けて委任状争奪戦に発展する可能性があるともされている。今後の需給思惑が高まるほか、株主価値の向上策などに対する期待感なども高まっているようだ。


リブセンス<6054>:618円(+84円)
一時ストップ高。先週末に17年12月期業績予想の上方修正を発表している。営業損益は従来予想の収支均衡から2.2億円の黒字に引き上げている。コストの見直しを行ったことに加え、一部投資費用を来期に繰り越したことなどで販売管理費が予想を下回る見込みとなった。第3四半期までの状況から計画は保守的との見方もあったが、通期見通し公表後から株価は大きく調整していただけに、買い安心感が高まる形となっている。


フージャース<3284>:1005円(-270円)
3日ぶり大幅反落で全市場下落率トップ。今月末時点の株主に対し新株予約権を無償で割り当てる一部コミットメント型ライツ・オファリングを実施すると発表している。全ての株主に対して普通株式1株につき新株予約権1個の割合で割り当てる。行使に際して支払う金額は1株当たり500円となっている。行使しない株主にとっては株式価値の希薄化が生じることになり、処分売りを急がせる要因となっているようだ。


野村<8604>:741.8円(+7.6円)
続伸。ゴールドマン・サックス証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価も690円から840円に引き上げている。2017年は日本株市場の好調なパフォーマンスのなかでアンダーパフォームの展開となったが、18年も好調な株式市場を想定しており、遅れている個人投資家のセンチメント回復を想定しているもよう。また、19年3月期も自社株買い実施は可能と考えている。

《ST》
株式会社フィスコ

最終更新:1月22日(月)12時37分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

Yahoo!ファイナンス 特集

注目のニュースキーワード

ヘッドライン