ここから本文です

〔東京株式〕方向感ない展開(22日、続き)☆差替

1月22日(月)15時48分配信 時事通信

 日経平均株価は小幅下落で始まり、日銀金融政策決定会合や今後本格化する上場企業決算発表を控えた様子見姿勢から、方向感のない展開が続いた。こうした中、米政府機関の一部閉鎖を打開するため、新たなつなぎ予算の審議が「(米議会で)前向きに進められている」(銀行系証券)ことへの期待感から、取引終了にかけては日経平均に対する影響度が高い主力株を中心に買い戻される銘柄が増えた。
 市場関係者からは、「(市場の)関心は米議会審議を横目で見ながら、明日の日銀決定会合後に行われる黒田東彦総裁の記者会見に移っている」(中堅証券)として、今後は相場の方向性も出るとの声が上がっていた。(了)

最終更新:1月22日(月)18時28分

時事通信

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン