ここから本文です

【ディーラー発】ポンド売り一服(NY午後)

1月20日(土)5時26分配信 セントラル短資FX

午後に入り、欧州時間から続いていたポンド売りが一服し対ドルで1.3880付近まで、対円では153円52銭付近まで反発。また、ドル円が110円67銭付近まで値を戻し、豪ドル円が88円半ばまで水準を持ち直すなど小幅な円売りも進行。一方、NAFTA交渉会合の開催を21日に控える中、カナダドルは売りが強まりドルカナダが1.2486付近まで上昇し、カナダ円は88円56銭付近まで下値を模索している。5時26分現在、ドル円110.648-658、ユーロ円135.314-334、ユーロドル1.22297-305で推移している。

最終更新:1月20日(土)5時26分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン