ここから本文です

東京為替:日経平均はプラス圏で推移、ドルは111円台に戻す

1月19日(金)9時59分配信 フィスコ

19日午前の東京市場でドル・円は111円05銭近辺で推移。仲値時点のドル需要はやや多くなるとみられている。日経平均株価は小幅高で推移しており、現時点でリスク回避的なドル売り・円買いが広がる可能性は低いとみられている。ただし、米政府機関の一部閉鎖に対する警戒感は残されており、ドルの上値はやや重くなる可能性は残されている。ここまでのドル・円は110円85銭から111円13銭で推移。

・ユーロ・円は、135円80銭から136円03銭で推移
・ユーロ・ドルは、1.2232ドルから1.22504ドルで推移

■今後のポイント
・110円台後半で個人勢などのドル買い興味残る
・1ドル=113円-115円で輸出企業などのドル売り予約増加の可能性

《MK》
株式会社フィスコ

最終更新:1月19日(金)10時01分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン