ここから本文です

【超絶スーパーカー】日本初公開されたパガーニのウアイラ・ロードスターとは?

1月17日(水)12時10分配信 投信1

約2億8000万円もするスーパーカーを製造するパガーニ社

写真:投信1 [トウシンワン]
拡大写真
写真:投信1 [トウシンワン]
アンベールはオラチオ・パガーニ代表とパガーニ・ジャパンの武井真司代表が執り行った(筆者撮影)
拡大写真
アンベールはオラチオ・パガーニ代表とパガーニ・ジャパンの武井真司代表が執り行った(筆者撮影)
幕張メッセで1月12日~14日にかけて開催された「東京オートサロン2018」で、パガーニのウアイラ・ロードスター(HUAYRA ROADSTER)が日本初公開された。価格は税別で228万ユーロ(約2億8000万円)と超高額なスーパーカーで、100台の限定発売。

製造・販売を行なっているのは、イタリアに本社がある自動車メーカーのパガーニ・アウトモビリ社。代表はオラチオ・パガーニ氏で、ランボルギーニのカウンタックのデサイン担当や、フェラーリのF1エンジンコンポーネンツの金型設計、生産に協力し、1999年にパガーニのゾンダC12をジュネーブショーで発表した。

ゾンダはさまざまなバリエーションが存在しているが、他に類を見ない独特なスタイリングが特徴。ウアイラ・クーペはゾンダの後継モデルとして2011年にワールドプレミアされた。その後、2016年にはウアイラBCが、2017年にはウアイラ・ロードスターが登場。ウアイラ・クーペよりも挑発的で、ウアイラBCよりもエレガントなのがウアイラ・ロードスターだ。

パガーニ・アウトモビリ社の代表、オラチオ・パガーニ氏が登壇

ロードスターは従来のドアで、クーペはガルウイングドアとなる(写真提供:パガーニ・ジャパン)
拡大写真
ロードスターは従来のドアで、クーペはガルウイングドアとなる(写真提供:パガーニ・ジャパン)
「初めて手にしたバイクはホンダで、クルマはトヨタでした。それ以降、日本の美について感銘を受け今日に至ります。今年でパガーニ社は20周年を迎え、明日(1月13日)は東京ショールームをプレオープンすることができるのは、非常に喜ばしいことです。日本はアジアの中でも一番大切な市場なのでこれからも最善を尽くし、クルマの製造を行いたいと思います。家族経営で始まったパガーニですが、おかげさまで毎年20%の増益になっています。レオナルド・ダ・ヴィンチが私に教えてくれたように、美の追求、そして最高級のテクニック、それがイタリアの文化だと思い、それをひとつのクルマにまとめました」

ウアイラ・ロードスターはクーペに比べて80kgも軽量

2種類のルーフトップが用意されるが、どちらを選んでもクーペより軽量(写真提供:パガーニ・ジャパン)
拡大写真
2種類のルーフトップが用意されるが、どちらを選んでもクーペより軽量(写真提供:パガーニ・ジャパン)
メッキやカーボンが使われクーペよりも豪華なインテリア(写真提供:パガーニ・ジャパン)
拡大写真
メッキやカーボンが使われクーペよりも豪華なインテリア(写真提供:パガーニ・ジャパン)
ウアイラ・ロードスターはクーペに比べて軽量だ。そんなことを言うと、オープンカーなので屋根がないから軽くなるのは当たり前じゃないかと思いがちだが、屋根があることでクルマはボディ剛性を保つことができるのだ。だから単純に屋根を取り払ってしまうと、ボディ剛性が著しく低下してしまい、ハイパワーなクルマだととても危険な状態になる。

そのため、シャシーを補強する必要があり、クーペに比べてカブリオレは重くなるのが一般的。実際にランボルギーニのアヴェンタドールのクーペとロードスターの車両重量を比較すると、ロードスターの方が重く、メルセデス・ベンツやBMWでは、カブリオレのほうが100kg以上も重い。

それだけにロードスターのほうが軽いというのは驚異的なことなのだ。しかも剛性にはおいては、52%も増加しているというから、ウアイラ・ロードスターが驚くべき進化をとげているのがわかる。

異例とも言える軽量化を実現できたのは複合素材を採用したこと

ウアイラ・ロードスターは、カーボンファイバーとチタニウムの複合材であるCarbon-TitaniumとCarbon-TriaxHP52からなるモノコック構造とし、さらにCrMoVanadio製のスチールパイプをフロントとリアのフレームに採用している。

Carbon-Titaniumを自動車業界で史上初めて採用したのが同社のゾンダ・チンクエだ。この新世代の複合材は屈曲性に優れており、航空業界やF1で使われている最先端の複合材よりも軽量。また、サスペンションの素材には、軽量アルミニウム合金のHiForgを採用。これらの素材をウアイラ・ロードスターに使うことで、軽量化を達成できたのだ。

また、ルーフトップは、カーボンとガラスからなる取外し可能なハードトップと、ファブリックとカーボンのソフトトップが標準装備される。

エンジンは、メルセデスAMGがパガーニのために開発したものを搭載。ロードスターに似合うエンジンサウンドを生み出すためにも、排圧を低減するように排気システムを研究し、最適なスロットルレスポンスを実現させている。最高出力は775ps/6200rpm、最大トルクは102kgm/2400rpmと、クーペよりもパワフルになっている。

欲しい!  と思った方もなかにはいるとは思うが、ウアイラはクーペもロードスターも即完売しているから残念! 

【ウアイラ・ロードスター】
エンジン: メルセデスAMG M158型6.0リットルV型12気筒ツインターボ
総排気量:5980cc
最高出力:775ps/6200rpm
最大トルク:102kgm/2400rpm
車両重量:1280kg
ホイール:APP鍛造アルミ(フロント20インチ/リア21インチ)
ミッション形式:AMT次世代7速AT
鈴木 博之

最終更新:1月17日(水)12時10分

投信1

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン