ここから本文です

16日の東京株式市場見通し=上値が重い展開か

1月16日(火)7時49分配信 モーニングスター

 予想レンジ:2万3600円-2万3800円(15日終値2万3714円88銭)

 16日の東京株式は、上値が重い展開か。きのう15日は、前週末にNYダウとナスダック総合指数が連日で史上最高値を更新した動きを受け、買い先行で取引を開始したものの、上値追いにはつながらなかった。手掛かり材料に乏しいなか、きょうも積極的に買い進む動きは限定的とみられ、個別株物色が中心となりそう。15日の欧州市場は、英ロンドン市場でFTSE100指数が5日ぶりに反落し、独フランクフルト市場でDAXが下落するなど、軟調な展開だった。為替相場は、ドル・円が1ドル=110円台の半ば(15日終値110円81-82銭)と円高に振れる一方、ユーロ・円が1ユーロ=135円台の半ば(同135円31-35銭)と円安に傾いている。引き続き、対ドルでの動きに神経質な展開となる可能性もありそう。大阪取引所の日経平均先物ナイトセッションでは、15日終値比50円安の2万3670円だった。(高橋克己)

16日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・ 8:50 12月国内企業物価指数
・11:00 11月産業機械受注
・13:30 11月第3次産業活動指数
・16:00 12月訪日外客数

【海外】(時間は日本時間)
・22:30 米1月ニューヨーク連銀製造業景気指数

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:1月16日(火)7時49分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン