ここから本文です

今晩のNY株の読み筋=決算期待の資金流入続くか

1月16日(火)18時01分配信 モーニングスター

 先週12日、JPモルガン・チェース(JPM)、ウェルズ・ファーゴ(WFC)が発表した10-12月期決算はJPMが減益、WFCは増益とまちまちの決算となった。

 ただ、JPMの減益は税制改正に起因する一過性の損失が発生したことが要因。そのためJPMの決算は「全体としては健全な収益力を示す決算」(みずほ証券15日付リポート)とされ、気にするような内容ではない。S&P500種株価指数構成銘柄の増益率は引き続き2ケタ増益が見込まれているが、まずまずのスタートだったといえそうだ。

 今週はいよいよ決算が本格化し、きょう(16日)のシティグループ(C)、ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)を始め17日アルコア(AA)、バンク・オブ・アメリカ(BAC)、ゴールドマン・サックス・グループ(GS)、USバンコープ(USB)、18日アメリカン・エキスプレス(AXP)、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、IBM(IBM)、モルガン・スタンレー(MS)と金融大手を中心に決算が目白押しとなっている。

 連日の過去最高値更新は明らかに決算期待を受けた資金流入。予想通りの決算なら1-3月期以降の決算期待も膨らみそう。利益確定売りをこなし一段高となる可能性は十分あり得る。

 米経済指標は1月ニューヨーク連銀製造業景気指数。

(日付は現地時間)

◎投資関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:1月16日(火)18時01分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン

外国株アクセスランキング