ここから本文です

今年しっかり貯めるなら! まずはお金のことを整理してみよう!

1月14日(日)11時10分配信 投信1

写真:投信1 [トウシンワン]
拡大写真
写真:投信1 [トウシンワン]
今年こそはしっかり貯めたい!  これまで挫折してきた貯金、今年こそはしっかり取り組みたい!  新年を迎えて、そう意気込んでいる人も多いのではないでしょうか。お金を貯めるのって大変ですよね。でも、お金を貯める前にきちんとお金のことを整理するだけでお金の流れがわかって、貯金しやすくもなるのです。

そこで今回は、お金のことをきちんと整理するためのヒントをご紹介します。

銀行口座を整理する

まず手始めに、銀行口座をチェックしてみましょう。給与口座、生活費引き落とし口座、貯蓄専用口座など人によっては使い分けをしている人も多いと思います。逆に、給与口座以外振り分けをしていないという人はここで一度見直してみましょう。

少なくとも、給与口座と貯蓄用口座の2つはきっちり分けておいてください。そして、給料日には給与口座から決まった金額を貯蓄用口座に移すこと。これをやるだけでも、先取り貯金ができて貯蓄がかなり捗ります。

また、家賃、水道・光熱費の引き落としやクレジットカードの引き落としなど、生活しているといろんなお金の引き落としがありますよね。これは給与口座をそのまま指定することをオススメします。

引き落としされる金額だけ計算して、引き落とし専用の口座を作るという人もいますよね。確かに緊張感はありますし、計算にミスがなければそのほうが計画的にお金を使うことができますが、万が一計算にミスがあったり、引き落としのタイミングを勘違いしていたりすると、支払いがすべて滞ってしまうことになります。

一度支払いが滞ると、ATMでの入金やコンビニでの入金が必要となったり、再度別の日に引き落としをかけたりしなければならず、非常に大変ですし煩わしい作業が増えてしまいます。また、クレジットカードの支払いが滞ると信用情報にもかかわってきます。なので、できる限り余裕を持って、全額がきちんと毎回引き落とされるように、給与口座を指定しておくことをオススメします。

また、見直してみると使っていない銀行口座があることに気が付く人もいるかもしれません。銀行も今後口座管理料や口座維持費がかかるようになるかもしれませんし、今のまま使い続けることができるとも限りません。使う予定のない口座については解約しておくことをおススメします。

口座の特典を整理する

銀行によってはATM手数料無料であったり、振込手数料が無料であったりと、さまざまな特典がありますよね。そういった特典を狙って口座開設した人も多いと思います。こういった銀行口座の特色に合わせて、その銀行口座の使い方を変えるということが非常に重要です。

貯蓄専用口座にするのであれば、他行よりも金利が高いところがいいですよね。また、自動で給与口座から定期預金に振り替えてくれるサービスがあると貯金がもっと便利になります。逆に、生活費の出し入れに使う場合はATM手数料無料の回数が多いほうがいいですし、フリーマーケットやオークションを多く利用し決済用の口座として使いたいという人は振込手数料無料の口座がいいでしょう。

こういった各銀行口座ごとの特色や特典をきちんと整理し、用途に合ったものを選択して使っていくことも非常に重要です。

ローンや奨学金などの借り入れ金額を整理する

ローンや奨学金などの借入金がある場合には、残高と利率、残りの回数を最低でもきちんと把握し、整理しておきましょう。どのくらい残高があって、あと何回で支払いが終了するのか、ボーナスで〇円返済するとどうなるかなど、現実的なシミュレーションをしておくのもいいですね。

複数のローンがある場合には、おまとめローンやほかの利率がさらに低いローンへの乗り換えも検討してもいいかもしれません。毎月の負担金額と今後のことを考えて、ローンの支払いをどうするか、いつまでに終わらせたいか、そのためにはボーナスでいくら返済していくかなど、今の現状把握だけにとどまらず、返済計画も同時に立ててしまうことをオススメします。

毎月の固定支出を整理する

毎月決まって負担しなければならない固定支出について、いったん整理しておきましょう。家賃や水道・光熱費、通信費、保険料、習い事代、定期代など毎月同じようにかかってくるお金をきちんと整理することで、自分が自由に使えるお金もはっきりと見えてきます。

自分が自由に使えるお金が見えてくると、自分が使っているお金とのギャップが見えてきます。「自由に使えるお金>実際に使っているお金」という状態であればいいのですが、整理してみると意外と自由に使えるお金が少なくて、「実際に使っているお金>自由に使えるお金」になってしまっている場合も少なくありません。

そういったことがないように、固定費をしっかり計算すること、全てきちんと把握することが非常に重要です。

口座残高や支出を管理する方法を整える

銀行口座の残高や自分の支出をきちんと管理することで、お金に対する意識が変わりますし、自分の使い過ぎのクセや無駄遣いするポイントをきちんと把握することができるようになります。

ひと昔前だと、ATMに行って通帳記帳したり残高照会したりしないと銀行口座の残高がはっきりとわからなかったのですが、今では非常に便利な時代になり、スマートフォンのアプリで銀行口座の残高が見えるようになりましたよね。ただし、こういったものは特にメガバンクや地方銀行ではインターネットバンキングの契約が必要となってしまう場合が多く、手続きにも手間と時間がかかります。

しかし、これをきっちり整理しておかないと、銀行残高はATMで見なければならなくなってしまいますよね。そうなるとお金に対する意識がなかなか高まりませんし、貯金のモチベーションも上がりません。アプリで貯金残高が増えているのを見て貯金のモチベーションが上がる人もいると思います。きちんと日常生活の中で「お金を意識する」ためのしくみを作ること。これが最も重要なプロセスです。

まとめ

お金を貯めようと意気込むと、すぐに節約しなきゃと思ったり、固定費である保険料や通信費を見直そうと思ったりしてしまいがち。でもその前にやれることがたくさんあるのです。まずはきちんと正確にすべてを把握すること。その情報を整理すること。この過程が非常に重要となります。休みの日を使って、一度すべてを整理してみてくださいね。
大塚 ちえ

最終更新:1月14日(日)11時10分

投信1