ここから本文です

【今日のドル円】米消費者物価指数に注目

1月12日(金)10時14分配信 サーチナ

昨日のドル/円は4営業日続落となり、一時111.00円台まで下値を拡大。米12月生産者物価指数の下ブレや(イメージ写真提供:123RF)
拡大写真
昨日のドル/円は4営業日続落となり、一時111.00円台まで下値を拡大。米12月生産者物価指数の下ブレや(イメージ写真提供:123RF)
 昨日のドル/円は4営業日続落となり、一時111.00円台まで下値を拡大。米12月生産者物価指数の下ブレや米新規失業保険申請件数の増加などがドル売りを活発化させた。タカ派的な欧州中銀(ECB)議事録を受けてユーロ高・ドル安が進んだ事もドル/円の重しとなった。
 本日は米12月消費者物価指数と米12月小売売上高(いずれも22時30分発表)に注目が集まるが、ドル売り材料には敏感に反応する地合いの中、下ブレリスクを警戒すべきだろう。昨日の生産者物価指数(前月比)が予想外に低下していただけに、本日の消費者物価指数の結果は特に重要となりそうだ。市場予想(前月比+0.1%、前年比+2.1%、コア前年比+1.7%)を下回れば、ドル/円は110円台に差し込む可能性が高まろう。もっとも、ドル/円は今週だけで約2円下落しており、米経済指標の結果次第では買戻しが入ってもおかしくない状況にある。本日のドル/円は下値警戒感がくすぶる中、米経済指標の結果と週末前のポジション調整の影響を睨んで神経質な相場展開となりそうだ。
 本日の予想レンジ:110.600-111.900円(執筆:外為どっとコム総合研究所 編集担当:サーチナ・メディア事業部)(イメージ写真提供:123RF)

最終更新:1月12日(金)10時14分

サーチナ

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン