ここから本文です

個人投資家わらしべ:ネオバブルの到来でSシャワー人気化に期待【FISCOソーシャルレポーター】

1月11日(木)14時14分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
スペースS 784 -40
以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家わらしべ氏(ブログ「テンバガーへGO!わらしべのブログ」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

―-
※2018年1月7日22時に執筆

【2018年は「ネオバブル」関連銘柄に注目】

フィスコソーシャルレポーターのわらしべです。

東京市場の大発会の日経平均株価指数は終値ベースで前営業日の2017年12月29日に比べ741円39銭(3.26%)高の2万3506円33銭となり、1992年1月7日以来、約26年ぶりの高値から始まりました。

日経平均株価指数は1989年12月29日 に最高値となるザラ場 38957.44円、終値38915.87円を記録していますが、その時代は「バブル時代」と言われ、「マハラジャ」や「ジュリアナ」に代表される「ディスコブーム」が巻き起こっていました。
現代においても「ネオバブル」として「バブル時代」が再来する兆しが現れているようです。

「マハラジャ」が東京をはじめ福岡・大阪・京都・名古屋・仙台などにオープンしているのをはじめ昨年大晦日のNHK紅白歌合戦では「日本高校ダンス部選手権」で準優勝に輝いた大阪府立登美丘高校の「バブリーダンス」が話題となるなど、「ネオバブル」時代として「バブル時代」再来の兆しが現れていると思います。

そういった「ネオバブル」関連銘柄としてSシャワー<4838>に注目してみたいと思います。

Sシャワー<4838>こと、スペースシャワーネットワークは、日本最大級の音楽専門ケーブルテレビ局「スペースシャワーTV」をコア事業としています。ケーブルTV事業は成熟期の市場であることから、近年同社では「アーティストマネジメント」「CDレーベル・流通CD・音楽配信事業」「ライブイベント運営」「メイドカフェ運営」など利益水準の高い新規事業を展開しており「業態変化」を果たしつつある成長企業と言えます。

「アーティストマネジメント」事業においては同社所属アーティスト Suchmos(サチモス)が人気化、大きな収益源へと成長しています。

【Suchmos(サチモス)に続きネオバブルの旗手「ベッド・イン」が人気化】

同社の所属アーティストである「ベッド・イン」の人気が急拡大しています。
2012年から「ネオバブル」の旗手として活動しており、2017年にはキングレコードよりメジャーデビューしています。

PROFILE(公式HPより)

益子寺かおり、中尊寺まいによる、地下セクシーアイドルユニット「ベッド・イン」。
日本に再びバブルの嵐を起こすべく、80年代末-90年代初頭へのリスペクト精神により完全セルフプロデュースで活動中。

【ベッド・インTOUR2018ワンマンライブ初日はSOLDOUT、ファイナルは2400名収容のZepp DiverCity Tokyo】

ベッド・インTOUR2018は全10公演すべてワンマンライブで開催され、初日1月4日の東京公演はSOLDOUT、2月18日のツアーファイナルは2400名収容可能な都内最大級のライブハウス「Zepp DiverCity Tokyo」で開催されることから同社にとって第4四半期の収益への貢献が期待できると思います。


【「ベッド・イン」ファンクラブは同社が運営主体・ストックビジネスとしての収益化に期待】

「ベッド・イン」ファンクラブは同社が運営主体(運営請負は(株)ナノ・メディア)
と公式HPに記載されています。役務対価は入会金1,000円(税込)、年会費4,000円(税込)。会員数は公開されていませんが、会員獲得数に応じてストックビジネス化すれば安定収益として同社収益に貢献するでしょう。


【18年3月期第2四半期決算は純利益前期比58.7%増・進捗率95.7%、業績上振れに期待】
18年3月期第2四半期(4-9月)の親会社株主に帰属する四半期純利益は3.35億(前期比58.7%増)、通期計画の3.5億に対する進捗率は中間期段階で95.7%に達しており、足元の業績は好調です。第4四半期も「ベッド・イン」の人気化等のポジティブ要因があることから今期業績は会社予想に対して上振れが期待出来ると思います。


【無借金経営で財務体質も良好、2013年には「1,689円」をマーク・人気化すれば上値は高い】

無借金経営で財務体質も良好、株主優待もあってNISA保有にも適す銘柄と思います。年間配当予想10円、株主優待(3月末権利日100株保有で500円のクオカード)。2013年には「1,689円」をマークしており、ひとたび人気化すれば上値は高い銘柄と言えます。


株価 839円(1月10日終値)

―-
執筆者名:わらしべ
ブログ名:テンバガーへGO!わらしべのブログ




《SK》
株式会社フィスコ

最終更新:1月11日(木)14時23分

フィスコ

 

この記事の関連銘柄ニュース

ヘッドライン