ここから本文です

トヨタが反発し連日で昨年来高値、売買代金は任天堂、三菱UFJに次ぐ3位に浮上

1月10日(水)16時09分配信 モーニングスター

現在値
トヨタ 7,733 +80
任天堂 45,110 +250
三菱UFJ 889.3 +0.5
 10日のトヨタ自動車 <7203> の株価は反発した。寄り付きが7555円、高値が7721円、安値が7549円、終値が7706円で、前日比165円(2.19%)高。連日で昨年来高値を更新した。寄り付きと終値の比較では151円高だった。出来高は、前日の706万3800株から903万6800株(前日比27.9%増)に増大。売買代金は前日の532億4893万円から692億2688万円(同30.0%増)に膨らんだ。東証1部のランキングでは出来高が24位。売買代金は、任天堂 <7974> 、三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> に次ぐ3位に浮上した。

 9日のNYダウは反発し、2日ぶりに史上最高値を更新。トヨタのADR(米国預託証券)価格は、前日比1.05ドル安の133.72ドルで、円換算値は7541円だった。

提供:モーニングスター社

最終更新:1月10日(水)16時09分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン