ここから本文です

高島屋が年初来高値、SMBC日興証は業績予想を上方修正

12月26日(火)16時19分配信 モーニングスター

現在値
高島屋 1,165 -2
 高島屋 <8233> が続伸、51円高の1196円まで買われ、6月20日に付けた年初来高値1167円を更新した。SMBC日興証券では25日付で、投資判断「2」(中立)を継続、目標株価は1100円から1300円に引き上げている。

 18年2月期第3四半期(17年9-11月)決算および、インバウンド(訪日外国人観光客)、富裕層消費に加え、国内中間層の売上の戻りもみられることから、同証券業績予想を上方修正するとしている。消費の「質」への回帰が出て来たと考えており、百貨店業界には追い風局面に入ったとみるとコメントしている。

 セクター相対の上値余地などに鑑み、「2」を継続し、同社に限らず消費の「質」への回帰の恩恵に浴する百貨店業界を選好したいとしている。

 同証券では連結営業利益について、18年2月期363億円(前期比6.8%増、従来360億円、会社側計画は360億円)、19年2月期379億円(従来369億円)、20年2月期407億円(同401億円)と試算している。

 26日終値は前日比43円高の1188円。

提供:モーニングスター社

最終更新:12月26日(火)16時19分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン