ここから本文です

【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月15日発表分)

12月17日(日)13時30分配信 株探ニュース

マツキヨHD <日足> 「株探」多機能チャートより
拡大写真
マツキヨHD <日足> 「株探」多機能チャートより
現在値
Fコーポ 1,583 -43
麻生フオム 839 -40
土屋HLD 227 ---
日ハム 2,669 -7
エイジア 1,795 +48
 【好材料】  ――――――――――――

■ファーストコーポレーション <1430>
上期経常を一転3%増益に上方修正・最高益更新へ。

■麻生フオームクリート <1730> [JQ]
東証が18日売買分から信用取引の臨時措置(委託保証金率を50%以上[うち現金20%以上]とする)を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。

■土屋ホールディングス <1840> [東証2]
今期経常は88%増益へ。

■日本ハム <2282>
北海道日本ハムファイターズに所属する大谷翔平選手の移籍金約22.8億円を特別利益に計上する。

■エイジア <2352> [東証2]
東証がエイジアを22日付で市場1部に指定替えする。

■エスプール <2471> [JQ]
越境ECサービスの拡大を目指し、4拠点目となる物流センターを品川に開設する。

■フジオフードシステム <2752> [JQ]
今期配当を2.5円増額修正。

■ハブ <3030>
今期配当を2円増額修正。

■MonotaRO <3064>
中国に産業用間接資材の販売子会社を新設。

■マツモトキヨシホールディングス <3088>
台湾企業と合弁会社を設立し、同国でドラッグストア事業を展開する。

■星野リゾート・リート投資法人 <3287> [東証R]
今期経常は26%増で9期連続最高益更新へ。

■ロードスターキャピタル <3482> [東証M]
松井証券 <8628> と業務提携。松井証券サイトで同社の不動産特化型クラウドファンディング「OwnersBook」を紹介する。

■串カツ田中 <3547> [東証M]
東証が18日売買分から信用取引の臨時措置(委託保証金率を50%以上[うち現金20%以上]とする)を解除する。日証金も増担保金徴収措置を解除。

■パピレス <3641> [JQ]
発行済み株式数(自社株を除く)の1.21%にあたる12万株(金額で2億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は12月18日から18年6月15日まで。

■オープンドア <3926>
18年1月31日現在の株主を対象に1→3の株式分割を実施。最低投資金額は現在の3分の1に低下する。

■ユーザベース <3966> [東証M]
12月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施。最低投資金額は現在の2分の1に低下する。

■メディカルシステムネットワーク <4350>
調剤薬局運営会社を傘下に持つアポテックの全株式を取得し子会社化する。取得価額は22.5億円。

■オンコリスバイオファーマ <4588> [東証M]
テロメライシンのライセンス契約を結んでいる中国・ハンルイ社が第1回マイルストーンを達成。これにより、ハンルイからマイルストーンフィーを受領する。

■アイサンテクノロジー <4667> [JQ]
交通規制の無い一般公道における遠隔制御型自動運転(レベル4)の実験に成功。

■エンビプロ・ホールディングス <5698> [東証2]
リチウムイオン2次電池などの電池リサイクル事業を手掛ける子会社を新設。

■FCM <5758> [JQ]
今期経常を61%上方修正、配当も21円増額。

■フェニックスバイオ <6190> [東証M]
南カリフォルニア大学とヒト肝細胞キメラマウス(PXBマウス)を用いた疾患モデルマウスに関する共同研究契約を締結。

■エボラブルアジア <6191>
11月取扱高は前年同月比61%増の43.2億円。

■ハイアス・アンド・カンパニー <6192> [東証M]
楽天グループの民泊事業会社、楽天LIFULL STAYと業務提携。民泊向け戸建型宿泊施設を共同開発する。

■キッツ <6498>
発行済み株式数(自社株を除く)の2.70%にあたる270万株(金額で25億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は12月21日から18年3月20日まで。

■ツナグ・ソリューションズ <6551> [東証M]
12月31日現在の株主を対象に1→3の株式分割を実施。最低投資金額は現在の3分の1に低下する。また、東北で人材派遣事業を展開するスタープランニングの全株式を取得し子会社化する。取得価額は4.8億円。

■フジ・コーポレーション <7605>
今期経常は3%増で3期ぶり最高益更新へ。

■中本パックス <7811>
18年2月28日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施。最低投資金額は現在の2分の1に低下する。

■アートネイチャー <7823>
発行済み株式数(自社株を除く)の1.34%にあたる45万株(金額で4億円)を上限に、18日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買い(買い付け価格は15日終値の798円)を実施する。

■アニコム ホールディングス <8715>
アニコム損害保険における11月新規契約件数は前年同月比16.8%増の1万1595件。

■明豊エンタープライズ <8927> [JQ]
8-10月期(1Q)経常は14倍増益・上期計画を超過。発行済み株式数(自社株を除く)の4.24%にあたる104万6800株(金額で3億8000万円)を上限に、18日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

■ベルーナ <9997>
11月売上高は前年同月比9.3%増と16ヵ月連続で前年実績を上回った。

 【悪材料】  ――――――――――――

■ファンコミュニケーションズ <2461>
11月売上高は前年同月比7.9%減と2ヵ月連続で前年割れとなった。

■アスクル <2678>
上期経常は41%減益で着地。

■日本たばこ産業 <2914>
11月の国内たばこ販売本数は15.0%減。

■神戸物産 <3038>
今期経常は6%減益、前期配当を5円増額・今期も50円継続へ。

■シリコンスタジオ <3907> [東証M]
前期最終を一転赤字に下方修正、対純資産で37%の赤字。

■クミアイ化学工業 <4996>
今期経常は14%減益へ。

■ウインテスト <6721> [東証2]
8-10月期(1Q)経常は赤字拡大で着地。

■西松屋チェーン <7545>
3-11月期(3Q累計)経常が13%減益で着地・9-11月期も10%減益。

■スリー・ディー・マトリックス <7777> [JQG]
8-10月期(2Q)最終は赤字拡大。

■オービス <7827> [JQ]
前期経常が下振れ着地・今期は93%減益、5円増配へ。

■千趣会 <8165>
今期最終を赤字拡大に下方修正。

■アルデプロ <8925> [東証2]
8-10月期(1Q)最終は赤字転落で着地。

※12月15日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2017年12月17日]

株探ニュース(minkabu PRESS)

最終更新:12月17日(日)19時43分

株探ニュース

 

情報提供元(外部サイト)

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン