ここから本文です

日経平均テクニカル:いったん下方シグナル発生か

12月13日(水)18時15分配信 フィスコ

続落。小幅に反発して始まったが、その後はこう着感の強い相場展開が続いており、5日線の攻防となった。連日で陰線を形成しており、戻り待ちの売り圧力が意識されている。もっとも、5日、25日線を支持線として意識したもち合いレンジが継続している。一目均衡表では転換線、基準線が支持線として機能している。遅行スパンは実線を割り込んできており、下方シグナル発生が近づいているが、現在のもち合いレンジをキープすれば、来週にも再び上方シグナルを発生させてくる。まずは5日、25日線での底堅さを見極めつつ、リバウンドを意識した押し目狙いのスタンスになろう。ボリンジャーバンドでは+1σを挟んでの推移。MACDはシグナルとの乖離を保ちつつ、陰転シグナルが継続している。《CS》
株式会社フィスコ

最終更新:12月13日(水)18時20分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

ヘッドライン