ここから本文です

日経平均テクニカル:MACD、パラボリックの陽転が近づく

12月11日(月)18時15分配信 フィスコ

3営業日続伸。一時下げに転じる場面もみられたが、結局は下ヒゲを残しての陽線形成となった。足元で5日、25日線との短期デッドクロスが警戒されていたが、5日線の切り上がりにより、短期ゴールデンクロスをキープ。ボリンジャーバンドでは+1σと+2σとのレンジに移行している。バンドが緩やかながらも収れんから拡大に向かっており、バンドの切り上がりに沿ったリバウンドが意識されやすいだろう。パラボリックについてはSAR値に接近しており、明日にも陽転シグナル発生が意識されてきそうだ。また、MACDはシグナルとの乖離が縮小してきており、こちらも近々に陽転シグナルの発生がありそうだ。一目均衡表では転換線、基準線を突破し、遅行スパンは実線の切り上がりに沿った上昇をみせている。《CS》
株式会社フィスコ

最終更新:12月11日(月)18時20分

フィスコ

 

【PR】Yahoo!ファイナンスからのお知らせ

ヘッドライン