ここから本文です

11時00分現在の日経平均株価は22762.50円で推移、円安進行で上げ幅拡大、ハイテク株堅調

12月8日(金)11時18分配信 フィスコ

拡大写真
現在値
SUMCO 2,726 -150
信越化 11,495 -425
武田薬 6,210 +85
ファナック 26,440 -335
京セラ 7,590 -81
11時00分現在の日経平均株価は22762.50円(前日比264.47円高)で推移している。前日の米国市場では、税制法案の行方や雇用統計結果を見極めたいとの思惑もあり、上値は限られた。シカゴ日経225先物清算値は大阪比95円高の22585円になり、本日の日経平均は3ケタの上昇でスタートした。米国の流れを受けて引き続きハイテク株に買い戻しの動きがみられているほか、米長期金利の上昇を受けて金融セクターも堅調に推移している。朝方に7-9月期のGDP(実質国内総生産)改定値が上方修正されたことも材料視されている。為替相場が1ドル113円30銭台と朝方より円安方向に振れていることなども支援材料に、日経平均はじりじりと上げ幅を拡大して推移している。

売買代金上位では、ソフトバンクG<9984>、ファーストリテ<9983>、東京エレクトロン<8035>、信越化学<4063>、SUMCO<3436>、京セラ<6971>、三井住友<8316>、武田薬品<4502>、スズキ<7269>が上昇。一方で、ファナック<6954>、KDDI<9433>、NTT<9432>は下落。

《SK》
株式会社フィスコ

最終更新:12月8日(金)11時20分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン