ここから本文です

日経平均は221円高、プラス寄与度上位はファーストリテ、東エレク、京セラなど

12月8日(金)10時46分配信 モーニングスター

現在値
電通 4,820 -65
ファナック 26,170 -85
京セラ 7,422 -100
東エレク 20,955 +280
KDDI 2,922 -208
 8日午前10時40分時点の日経平均株価は前日比221円96銭高の2万2719円99銭。朝方は、7日の米国株高や1ドル=113円台前半への円安・ドル高を好感し、買い優勢で始まった。午前8時50分に発表された7-9月期GDP(国内総生産)改定値が速報値から上方修正されたことも買い安心感につながった。株価指数先物買いを交えて上げ幅を拡大し、一時2万2742円26銭(前日比244円23銭高)まで上昇する場面があった。その後いったん上げ一服商状となったが、買い気は根強く高値圏で推移している。

 日経平均株価に対するプラス寄与度上位はファーストリテ <9983> 、東エレク <8035> 、京セラ <6971> など。マイナス寄与度上位はファナック <6954> 、電通 <4324> 、KDDI <9433> など。

提供:モーニングスター社

最終更新:12月8日(金)10時46分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン