ここから本文です

日経平均は195円高、米国株高・円安にGDP改定値上ブレで買い優勢=8日前場

12月8日(金)9時29分配信 モーニングスター

現在値
大日本住友 1,636 -17
中外薬 5,870 +40
楽天 1,025 -59.5
新日鉄住金 2,799 -34
神戸鋼 1,044 -27
 8日9時25分の日経平均株価は前日比195円51銭高の2万2693円54銭。7日の米国株高や1ドル=113円台前半への円安・ドル高を好感し、買い優勢で始まった。午前8時50分に発表された7-9月期GDP(国内総生産)改定値が速報値から上方修正されたことも買い安心感につながり、上げ幅拡大の流れとなっている。なお、きょう算出の日経平均先物・オプション12月限のSQ(特別清算指数)推計値は2万2590円66銭。

 業種別では、大日住薬 <4506> 、中外薬 <4519> などの医薬品株が上昇。HOYA <7741> 、ニコン <7731> などの精密株や、リクルートH <6098> 、楽天 <4755> などのサービス株も買われている。中部電 <9502> 、大ガス <9532> などの電気ガス株も高い。

 半面、新日鉄住金 <5401> 、神戸鋼 <5406> などの鉄鋼株や、NTT <9432> 、NTTドコモ <9437> などの情報通信株がさえない。

 個別では、アイビーシー <3920> 、アクセル <6730> 、ライドオンH <6082> 、アイフル <8515> などの上げが目立つ。半面、ショーケース <3909> 、巴工業 <6309> 、スバル興 <9632> 、インフォMT <2492> などの下げが目立つ。

 午前9時25分時点の東京外国為替市場は、1ドル=113円10銭台(前日終値は1ドル=112円54銭-56銭)、1ユーロ=133円20銭台(同1ユーロ=132円73銭-77銭)で取引されている。

提供:モーニングスター社

最終更新:12月8日(金)9時29分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン