ここから本文です

8日の東京株式市場見通し=続伸後、もみ合いとなりそう

12月8日(金)7時56分配信 モーニングスター

現在値
積ハウス 2,018 -9
ソニー 5,123 +117
京セラ 7,535 +113
任天堂 42,540 -490
HIS 4,030 -65
 予想レンジ:2万2400円-2万2700円(7日終値2万2498円03銭)

 8日の東京株式は続伸後、もみ合いとなりそうだ。現地7日の米国株式は上昇。米下院で連邦政府の予算を2週間延長する法案が可決され、上院に送付されることが決まり、予算の期限切れによる政府機関閉鎖への警戒感は後退するとみられ、東京市場はきのうの堅調な地合いが続くとみられる。為替相場は、ドル・円が1ドル=113円台の前半(7日終値112円54-56銭)、ユーロ・円が1ユーロ=133円台の前半(同132円73-77銭)と円安に振れている。円安を背景に輸出関連銘柄に物色の矛先が向かいそう。ただ、週末要因に加え、現地8日には米11月雇用統計の発表を控えることから、様子見ムードが広がることも想定される。

 7日のADR(米国預託証券)は円換算値でソニー <6758> 、京セラ <6971> 、任天堂 <7974> などが、7日の東京終値に比べ高い。7日のシカゴ市場の日経平均先物3月限の円建て清算値は、7日の大阪取引所終値比95円高の2万2585円だった。(高橋克己)

8日の主な経済指標・スケジュール
【国内】
・ 8:50 7-9月期GDP改定値
・ 9:00 10月毎月勤労統計調査
・14:00 11月景気ウォッチャー調査
・12月限株価指数先物・オプションSQ(特別清算指数)値算出日
・決算発表=積水ハウス <1928> 、HIS <9603>

【海外】(時間は日本時間)
・20:00 ブラジル11月消費者物価
・22:30 米11月雇用統計
・24:00 米11月卸売売上高
・中国11月貿易収支
・米国連邦債務の上限適用停止期間が終了、暫定予算期限

◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。

提供:モーニングスター社

最終更新:12月8日(金)7時56分

モーニングスター

 

【あわせて読みたい】

この記事の関連銘柄ニュース

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン