ここから本文です

【ディーラー発】ポンド買い再燃(NY午前)

12月8日(金)1時10分配信 セントラル短資FX

NY時間に入り、アイルランド国境問題の進展期待を背景としたポンド買いが再燃。対ドルで1.3427付近まで買われ、対円では151円28銭付近まで値を上げそれぞれ本日高値を更新するなど、EU離脱交渉の停滞で売り込まれていたポンドが急反発。一方、ドル円は中東情勢の緊迫化を警戒した売りは後退しているものの、政府機関閉鎖の可能性など米政局への不透明感が燻っていることで、112円56銭付近まで軟化する場面が見られた。1時07分現在、ドル円112.725-735、ユーロ円132.903-923、ユーロドル1.17902-910で推移している。

最終更新:12月8日(金)1時10分

セントラル短資FX

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン