ここから本文です

欧州為替:ドル・円は112円53銭から112円78銭まで上昇

12月7日(木)21時14分配信 フィスコ

 7日のロンドン外為市場では、ドル・円は112円53銭から112円78銭まで上昇した。欧州株式市場でも全面高となり、リスク回避ムードが後退して円売りが先行。その後、米国10年債利回りが再び2.34%台に上昇し、ドル買いも優勢になった。

 ユーロ・ドルは1.1805ドルから1.1776ドルまで下落し、ユーロ・円は132円71銭から132円96銭でもみ合いになった。

 ポンド・ドルは1.3422ドルまで上昇後、1.3320ドルまで下落。英国のEU離脱交渉に絡む思惑でポンド買いが先行後、売りに転じた。ドル・スイスフランは0.9900フランから0.9929フランまでじり高となった。

《KK》
株式会社フィスコ

最終更新:12月7日(木)21時14分

フィスコ

 

【あわせて読みたい】

このカテゴリの前後のニュース

YJFX 32000円キャッシュバック キャンペーン
年末大感謝祭

不動産投資コラム(楽待)

ヘッドライン